小回りが利く、柔軟に対応してくれるアプリ開発会社

投稿者: | 2018年7月13日
小回りが利く、柔軟に対応してくれる会社

お互いの考えは見えないものです

初めてのお客様との商談の場で、求められることの一つに

「小回りが利いて、柔軟に対応してくれる会社を探してます」というものがあります。

これは、発注側の立場から見れば、正にその通りなのですが、実はこれほど曖昧な要件もないのです。

(ご参考)

【アプリ開発会社選定】クライアント企業の知識に合わせて話を変えることができるかどうか
【アプリ開発会社選定】提案力あるアプリ開発会社を簡単に見分ける方法
【アプリ開発会社選定】開発規模によって必要なスキルは違います
【アプリ開発会社選定】 質問の仕方でわかる開発会社のスキル
【アプリ開発会社選定】開発実績がたくさんあれば安心できる?
【アプリ開発会社選定】 提案・・・見積書だけを出すことではないですよね?
【アプリ開発会社選定】いいアプリ開発業者の見分け方

 

小回りが利くとは?柔軟な対応とは?

小回りが利く、柔軟な対応。発注者の立場から、率直に言うならば、「依頼したことは直ぐに対応してほしいし、ちょっとした変更をいちいち仕様変更だから追加料金なんて言わずにサービスでやってよ」ということのようです。

これは逆の立場で考えれば分かりますし、過去の経験からも分かります。

 

では、反対にアプリ開発会社側の立場で考えてみましょう。

「小回りが利く」=「できるだけ早めに応答を返す、できるだけ早く対応する」

「柔軟に対応する」=「できるだけ、仕様変更・追加料金と言わないようにする」

そんな意識です。

この「できるだけ」という点が、両方の立場で差異があるところなのです。

発注者:「うちは、小回りが利く、柔軟に対応してくれる会社を探しています」
(依頼したら、直ぐにやってね、いちいち仕様変更なんて言わないでね)

開発会社:「当社は、小回り良く、柔軟に対応します!」
(2、3日で対応できるし、1、2時間でできる仕様変更ならいちいち請求しませんよ)

そんな感じなのですが、いざ初めてみると

開発会社:「仕様変更なので追加料金を請求させていただきます」

(修正に2日もかかったのだから、当然)

発注者:「最初、柔軟に対応するって言ってたよね?」

(契約の時ばかり、調子のいいことを言うんだ!)

と、両者の思いに相違が出てくるのです。

 

曖昧さは誤解を生みます

何事も、数値化できないものには、お互いの考え方や経験則から考えますから、すれ違いが起こるのは当然です。もし、最初から「依頼があれば、2営業日以内で対応します。」とか、「1時間以内で終わらない仕様変更は別途請求させています。」と具体的に合意していれば、曖昧さは回避でき、相互に都合の良い誤解は生まれずに済んだことでしょう。

聞こえがいいことは、自分にとって都合よく解釈することが少なくありません。誰が聞いても同じことにするためには、数値化し、曖昧姓を排除した要望であり、請け方をしないと後からお互いが嫌な思いをすることになるので気をつけたいものです。

 


スマホアプリを使った業務システム構築のことなら

株式会社クラボードへお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら


小回りが利く、柔軟に対応してくれるアプリ開発会社」への9件のフィードバック

  1. ピンバック: hydroxychloroquine and cardiac issues

  2. ピンバック: plaquenil pill for head lice

  3. ピンバック: hydroxychloroquine 200mg buy

  4. ピンバック: fda warning on hydroxychloroquine

  5. ピンバック: stromectol dose pediatric

  6. ピンバック: stromectol 6 for dogs

  7. ピンバック: priligy uk pharmacy

  8. ピンバック: ivermectin 6 no prescription

  9. ピンバック: hydroxychloroquine 18 mg

コメントは停止中です。